個人輸入とは?

日本では、医薬品の流通前に必ず薬事法に基づく厚生労働省の認可が必要ですが、海外の基準とは異なるため、海外では一般に流通されているような医薬品でも、日本ではまだ認可されていないので流通していないことがあります。

もちろん、日本で認可されている医薬品だけが安全だという訳ではありませんし、日本ではまだ未認可の最新の医薬品や優れた効果は同じでも値段が大幅に安いジェネリック医薬品が欲しいというニーズがあります。

このニーズを満たすために、日本の薬事法では、海外医薬品を個人が一定の数量内で国内に持込むことを認めており、これを「個人輸入」と言います。

海外では、日本で未発売の医薬品が、ドラッグストアなどで普通に販売されていることもあり、海外に行った時にはもちろん日本人でも購入することができますよね。

これをネット上で現地に行かずに行うのが個人輸入です。

参照:厚生労働省公式ホームページ

購入数数量に関して
Q&A