処方箋

どうして処方箋が要らないの?

 

日本の薬事法では、医薬品が必要な患者に対し医師が、必要な医薬品の種類や量、服用方法等を説明することが義務付けられています。

つまり、日本国内においては、医師の処方箋なしで医薬品を購入することはできません。

そのため、海外から医薬品を処方箋なしで個人輸入することも違法行為になると勘違いされがちですが、個人輸入においては、処方箋は必要ありませんし、日本で認可されていない医薬品を輸入することも法律で認められています。

医薬品を海外から輸入することは自己責任で、日本国内の規制の対象外としているためです。

個人輸入を行う際、英語のやり取りやすべてのプロセスを自分で行うことに不安がある場合は、是非私たちのような個人輸入代行会社を使ってください。

個人輸入代行会社のお仕事は、あなたの個人輸入がスムースに行われるように輸入手続きを代行することですので、あなたは日本のネットショップで買い物をするかのように医薬品の輸入ができます。