インポートエージェンシーストアーは海外医薬品を格安で取り扱うお薬通販サイトです。 ED治療薬、早漏防止薬、育毛剤、性病薬、避妊薬などを最安値で販売しています。

価格

ジェネリック医薬品が安い理由

現在日本で流通している医薬品は次のように大きく二つに分けることができます。

・新薬(先発医薬品)
・ジェネリック医薬品(後発医薬品)

日本で販売されているジェネリック医薬品、新薬のどちらも厚生労働省の認可を受けている医薬品ですが、ジェネリック医薬品は新薬に比べ大幅に金額が安いという特徴があります。

ジェネリック医薬品も新薬とほぼ同じ効果・作用を持っていますが、ジェネリック医薬品の方が新薬よりも安価です。

同等の治療効果があるのに安価。

不安を感じてしまう気持ちは、とてもよくわかりますので、その理由を説明したいと思います。
ジェネリック医薬品と新薬の価格の違いは、開発プロセスの違い

新薬の開発は、薬の成分の元となる物質を見つけるところから始まります。
その後、臨床実験を積み重ねてデータを収集し、薬の効果や副作用を細かく調査します。
そして最後に厚生労働省の許可得て、新しい薬(新薬)の流通が始まります。

成分の元となる物質の発見からその流通まで、最低でも15年は必要です。
そのため新薬を開発した企業は、それまでにかかった膨大な開発費用を回収する必要があり、医薬品の特許を取得して、独占販売を行います。

一方、ジェネリック医薬品は、新薬の特許が切れた後に、同じ成分や製法を用いて、製造、販売されたものです。

ジェネリック医薬品の製造企業は、新薬の開発企業が蓄積してきたデータを使うことができるので、開発コストを新薬に比べ大幅に低く抑えられ、短期間で製造できます。
そのため、ジェネリック医薬品は、新薬に比べ大幅に安価で市場に流通させることができるのです。

安価なジェネリック医薬品のメリット

医薬品は一般的に高価です。

そのため、長期的に服用が必要な人や経済的な負担を減らしたい人にとって、ジェネリック医薬品の普及により、「効果は同じでも安価な医薬品」という選択肢が増えていることは非常に良いことです。

ジェネリック医薬品は、品質や安全性が低いために安いのではなく、開発過程にかかるコストが安いために、同じ成分で同じ効能があっても安く販売できる医薬品なので、医療費を抑えたい方にはとても適切な選択肢なのです。

もちろん、日本では特許期間中の医薬品のジェネリック医薬品は存在しませんが、日本国内にジェネリックが存在していない場合でも、海外では法律制度違いによりそのジェネリック医薬品がすでに販売されている国もあります。

そして、個人で使用することが目的であれば、そのジェネリック医薬品の輸入を行うことが可能です。

ED治療やAGA治療のジェネリック医薬品などは海外で広く流通していますので、多くの日本人の方も、私たちのような個人輸入代行会社を用いて、利用されています。

低価格で医薬品を個人輸入することで、医療費を節約することが可能ですし、医薬品の選択肢が増えることは、人生を豊かにすることにつながりますので、是非「個人輸入」を有効にご利用ください。