インポートエージェンシーストアーは海外医薬品を格安で取り扱うお薬通販サイトです。 ED治療薬、早漏防止薬、育毛剤、性病薬、避妊薬などを最安値で販売しています。

ニキビ(アクネ)

1)ニキビとは

多くの人が経験するお肌のトラブルであるニキビ。
軽い症状も含めると、成人の90%以上がこの病気を経験していると言われています。

平均発症年齢は13歳から18歳程度が多いことから「青春のシンボル」と呼ばれることがありますが、近年は成人の発症も多く、「大人ニキビ」という言葉も一般化しています。

ニキビには「尋常性痤瘡(じんじょうせいざそう)」という医学的な名称がある立派な皮膚疾患(病気)のひとつで、毛穴に発生する慢性炎症性疾患、または、炎症を起こす前の状態す。

症状としては以下のように分類されます

皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴からスムーズに排出されず、毛穴にたまった状態(白ニキビ)
毛穴に皮脂が酸化して黒くなった状態(黒ニキビ)
毛穴が炎症を起こして赤くなった状態(赤ニキビ)
炎症が真皮層にまで達膿が溜まった状態(黄ニキビ)
更に炎症が進み、内部に膿や血液が溜まった状態(紫ニキビ)

2)ニキビの原因

ニキビの原因は、肌表面の汚れや皮脂などで毛穴が詰まることです。
そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こします。

毛穴が詰まる原因としては大きく以下の4つがあり、それらが複合的に絡みあっているケースも多くあります。

1:皮脂が過剰に分泌されること

皮脂の分泌が多くても、毛穴からスムーズに排出されていれば、毛穴が詰まることはありませんが、毛穴からスムーズに排出されない量の過剰な皮脂が分泌されると、毛穴は詰まってしまいます。

3:間違ったスキンケアや化粧品選び

毛穴を詰まらせやすい成分を使った化粧品、メイク汚れがきちんと落とされていないことなど、間違ったスキンケアや化粧品選びでも毛穴が詰まる場合があります。

皮脂自体が直接的な原因ではなく、皮脂取り過ぎてしまうことは、皮脂分泌を過剰にして逆効果なので注意してください。

女性は20代になると皮脂の分泌が減少傾向になりますが、大人でも、ストレスや食生活、睡眠不足などの影響で皮脂の分泌量が過剰になることがあります。

ナッツ類やせんべい、コーヒーなどもカフェインの含む食品もニキビに刺激を与えてしまう事があるので注意してください。

2:毛穴の入り口が肥厚し、皮脂が排出されにくくなること

皮脂の出口である毛穴周辺の角質が過剰に厚くなり、毛穴の入り口がふさがれてしまうことで、皮脂の分泌が過剰でなくとも、皮脂は詰まりやすくなります。

皮脂同様にホルモンや睡眠不足、ストレス、間違ったスキンケアなどによって発生します。

3)ニキビの種類(白ニキビ⇒黒ニキビ⇒赤ニキビ⇒黄ニキビ⇒紫ニキビ)

ニキビには、症状により種類があり、その症状によってケアの方法が異なります。

1:白ニキビ

皮脂汚れが毛穴に詰まって起きるニキビの初期症状で、小さな白い吹き出物ができます。
この段階ではまだ炎症は生じていませんので、ここで適切なケアをすれば、その後ニキビ跡に悩まされることはありません。

2:黒ニキビ

白ニキビの次の段階は黒ニキビと呼ばれ、毛穴に詰まった皮脂が肌表面に露出し、空気中の酸素に触れて酸化した状態をいいます。
この状態になった場合は、治療薬を使って適切なケアし悪化を防ぐことが肝要です。

3:赤ニキビ

炎症が生じると、赤ニキビと呼ばれる状態となり、毛穴の内部でアクネ菌が増殖している状態になります。
ここまでくると跡になる可能性が高まるので、病院などで適切な処理をしてもらうことをおすすめします。

4:黄ニキビ

更に炎症が悪化すると、膿が出て、黄色くなります。
これは炎症が表面だけでなく、真皮層にまで及んでいる深刻な状態です。
症状として重症にあたりますので、潰したり、放置しておくと色素沈着のほか、皮膚の凹凸が残ってしまう可能性があります。

5:紫ニキビ

更に炎症が悪化すると、色が紫色になります。
ニキビの内部に膿や血が溜まり、腫れている状態です。
この状態は、皮膚科等で治療をしても跡が残る確率が高まる改善の難しい段階です。

4)ニキビ予防と薬

ニキビは主として10代、20代の成長期に起こる症状ですが、不規則な生活やバランスの悪い食事によりホルモンのバランスを崩すことでも発症しやすくなります。

そのため、基本的なケアとしては規則正しい生活を送り、バランスの良い食事をとることです。
もちろんお肌を清潔に保つことも忘れてはいけません。

清潔に保つといっても、1日に何度も洗顔をしたりすることは、逆にお肌の潤いを奪い、ニキビを悪化させてしまうこともあるので注意が必要です。
洗顔の際に重要なのは、汚れを落としながらも潤いは残すことです。

それでも、できてしまったニキビやなかなか治らないニキビには、医薬品を利用して解決する方法もあります。
医薬品には、内服薬と患部に塗布する外用薬があります。

内服薬
アキュテインは抗生物質を含まない世界で最も有名なニキビ治療薬で、服用タイプのため、顔だけでなく、背中や腕、頭のニキビにも効果があります。

外用薬
レチノAクリームは、トレチノインの働きで、皮膚を再生し、シミやシワの改善に最も効果がありますが、ターンオーバーを促進し、皮膚の再生作用も強いためニキビ跡の改善にも強い効果を発揮します。
1週間程の使用で変化を感じることができます。