インポートエージェンシーストアーは海外医薬品を格安で取り扱うお薬通販サイトです。 ED治療薬、早漏防止薬、育毛剤、性病薬、避妊薬などを最安値で販売しています。

ED (勃起不全)

1)ED(勃起不全)とは

EDとは、日本語では勃起不全といいます。
勃起機能の低下により起こる症状のことをいい、日本人男性に増えている症状として知られています。
勃起不全という言葉には全く勃起しないイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実際は違います。
完全に勃起出来ない状態だけでなく、勃起するのに時間が掛かってしまう状態や勃起はするけれども持続することが困難な場合もED(勃起不全)と呼ばれます。
EDは自分一人の問題ではなく、大切なパートナーにも関わる問題ですから、EDについて理解を深めておく必要があります。

2)勃起のメカニズム

勃起不全の症状とは、専門的に見ますと性交を行う際に十分な勃起が出来なかったり、維持できない状態のことを言いす。
勃起不全を疑う場合、まずは正常な勃起のメカニズムを理解する必要があります。
正常な勃起では、まず性的興奮が脳に伝わり、その後脳から信号が神経を通じて陰茎に伝わるのです。そうすると、陰茎海綿体にあるスポンジ状の動脈に血が流れ込み、陰茎はその血を吸い込み大きくなるのです。
これが正常な勃起状態です。

3)勃起不全の原因

勃起不全では、この正常な流れが上手くいきません。
動脈の拡がりが十分ではない場合には血液が動脈に流れないので、勃起不全に繋がる場合があります。
この他にも、神経系がダメージを受けている場合もあります。
ダメージにより勃起するのに時間が掛かり、十分な機能を果たせないのです。
このような勃起能力は一般的に加齢により衰えてくると言われております。
しかし原因は人により異なります。
ストレスや食事などの生活習慣の乱れ、タバコ、病気なども勃起不全の原因として疑われます。
現在では、EDを専門とする治療、医薬品が多数利用できるので、自分にあった対策を検討しましょう。
自分の症状を正しく把握し、治療につなげることで、改善するのが勃起不全です。

4)EDの原因(加齢によるもの)

EDには様々な要素が関連していますが、中でも加齢によるEDは多くの人が経験します。
加齢に伴い性欲や勃起機能が衰えてしまうためです。
動脈硬化など血流の流れが悪くなることも原因として挙げられます。
勃起のメカニズムは、ペニスに血液が流れ込むことで起こりますので、血液の流れが悪くなってしまうと勃起がうまく起こらなくなります。
この対策としては動物性脂肪が多い食事を控えるようにして、アルコールや喫煙なども控えて動脈硬化の進行を抑制するのが最適です。
肥満も動脈硬化の原因の一つとも考えられているため、適度な運動やバランスの良い食事を心がけるのも効果的です。
日頃の生活習慣を見直して、EDを予防しましょう。

5)EDの原因(心因的要因によるもの)

精神的な問題から勃起が上手くできなくなることは心因性EDと呼ばれます。
EDの原因には加齢によるものや病気によるものなどもありますが、それらが年齢に比例して増えてくるのと異なり、心因性の場合には年齢に関係なく若い人にも見られるのがその特徴です。
仕事がうまく行かずにストレスを感じ、それが原因で不眠症になったり、うつ病になってしまったりすると、性的な興奮も抑えられてしまい勃起しにくくなることがあります。
また女性との関係性を上手く構築できない人にもEDが多く見られます。
女性の前へ出ると精神的に不安定な状態になってしまい、性的に不能となってしまうのです。
過去の性的なトラウマや子供時代に性的虐待を受けたことでセックスについて嫌悪感を強く感じてしまって、勃起しないという人もいます。

6)EDの原因(生活習慣病によるもの)

EDの原因の一つに生活習慣病も挙げられます。
特に、動脈硬化はEDに深刻な影響をあたえることが知られています。
動脈硬化とは血管の内部にコレステロールや中性脂肪などが蓄積して血管が狭くなった状態のことを言いますが、動脈が狭くなってしまうと心臓からの血液が全身へスムーズに流れなくなり、健康に様々な悪影響を及ぼします。
勃起は血液が陰茎の海綿体に流れ込むことで起こりますから、血液の流れが阻害されてしまうと勃起しにくくなってしまったり、性行為の途中で萎えてしまったりといったことが起こります。
動脈硬化に加えて糖尿病もEDの原因の一つです。
糖尿病は血液内の血糖値が高くなった状態のことを意味しますが、高血糖の状態が続くと血管や神経にも障害が起きます。
血管の劣化により動脈硬化が起きて、同時に神経の傷害により性的な刺激が上手く脳から男性器に伝わらなくなり、勃起しにくくなってしまうのです。

7)EDの原因(その他)怪我や薬の影響など

怪我や病気が原因でEDになることがあります。
その中でも前立腺関係の病気による影響は甚大です。
前立腺が肥大化したり癌細胞が増殖したりすることで、前立腺付近の血管や神経が圧迫されると血液が海綿体に流れ込みにくくなってしまいEDが起こることがあります。
また、病気や怪我の治療のために薬を日常的に服用しているという人も多いと思いますが、薬の中にもEDの原因になる成分を含むものがあります。
例えば、うつ病など精神的な疾患に対して処方される抗不安薬を利用されている人も多くいると思いますが、こういった薬には精神や筋肉を弛緩させる効果もあるため、性的な興奮を感じにくくなったり、感じたとしても勃起につながらない事がよくあります。

8)ED治療薬の働き(メカニズム)

ED治療薬を使用すれば効果的に勃起不全症を治療出来ます。
まずは、どの様な仕組みでED治療薬が働くかを見ていきましょう。
ED治療薬は、化学的にはPDE5(PhosphoDiestErase type5)と言い、サイクリックGMPを分解する酵素の名称です。
これはホスホジエステル結合を分解する為の酵素の事で、ホスホディスエステラーゼ(PDE)とも呼びます。
このPDEには全部で7タイプあり、ペニスが勃起するという事に関連しているのはタイプ5であり、つまりホスホディスエステラーゼのタイプ5が、サイクリックGMPを分解するのです。
すなわち、ホスホディスエステラーゼのタイプ5がサイクリックGMPを分解しづらい状態にすれば、勃起を維持出来る事になります。
そこでそれを意図的にブロックして、サイクリックGMPを動きやすくしたものが、ED治療薬という事になり、一酸化窒素を十分に分泌出来るようになるのです。
これが勃起不全症を治療する為のメカニズムであり、勃起不全症の治療薬を利用すれば十分に勃起する事ができます。

9)ED治療薬は媚薬や精力剤とは違う

多くの男性が悩んでいるEDですが、今は良い治療薬を利用することで勃起機能を手軽に取り戻すことができる時代となっています。
媚薬や精力剤と呼ばれる商品がドラッグストアなどで販売されていますが、これらは健康食品であって薬ではありません。
そのため薬のように即効性はなく、続けていくことで体質を改善していくものです。
勃起不全は勃起に必要な血流が十分に得られないことが原因の一つですが、薬は血流を改善するのに役立ってくれるのです。
ED治療薬は血流を改善することで勃起力を高めたり、勃起の持続時間を長くするのに役立つ薬です。

10)EDの予防方法

年をとった男性の中には勃起しないEDに悩まされる人が増えていきます。
また精神的ストレスによって若い人でもEDに悩まされる人が増えています。
しかし治療の前、まだ勃起することができているうちに予防することもできるのです。
そもそもEDには食生活や生活習慣の乱れ、飲酒や喫煙、過度のストレスなど様々な要因が絡まっています。
これらはすべてほかの病気の原因ともなりますので、これらをできる限り取り除くことで勃起力を維持することができ、健康な生活を送ることができるようになります。
しかし、このようなことに注意して生活を送っていても勃起力を失ってしまう場合があります。
そのような時にはED治療薬を早めに服用する事が大切です。