インポートエージェンシーストアーは海外医薬品を格安で取り扱うお薬通販サイトです。 ED治療薬、早漏防止薬、育毛剤、性病薬、避妊薬などを最安値で販売しています。

育毛剤(ヘアトニック)

1)育毛剤の効果(養毛剤や発毛剤との違い)

フサフサとした豊かな髪の毛は、見た目に大きく影響するため、自信をつけるためにも有効な薄毛対策を探している人はたくさんいます。

そんな時に役立つのが、髪の健康と成長を促し抜け毛の原因を改善する医薬品である、育毛剤です。

髪の毛の問題を解決する医薬品として、養毛剤と発毛剤もありますが、育毛剤、養毛剤、発毛剤はそれぞれ成分や効果が異なります。

・養毛剤:既に生えている髪を守りながら抜け毛を抑制する
・発毛剤:頭皮環境を整え、発毛(新しい髪の毛が生えてくること)促進
・育毛剤:頭皮に直接薬剤を塗布するタイプのものが主流で、男性型脱毛症(AGA):35歳~60歳くらいまでの中高年の頭頂部の脱毛:に特に効果的。

ちなみに若年層の薄毛の原因は、主に生活習慣の乱れや頭皮が不衛生なので、生活習慣を変えれば改善できるものがほとんどですので、育毛剤などの効果はあまり期待できません。

2)まず頭皮環境を整える事が大切

育毛剤にはいくつかの種類がありますが、利用方法としては頭皮に直接塗布する、または内服するものがあります。

頭皮に塗布するものと内服するものを併用して、高い育毛効果を得られますが、育毛剤の効果を最大限に生かすためには、頭皮環境を整えることが非常に重要です。
生活習慣が乱れていたり、頭皮や不衛生で毛穴の汚れが詰まっている場合などはどんなに効果の高い医薬品を利用しても効果は期待できません。

規則正しい生活や食生活をし、毎日頭皮を丁寧に洗い、その後きちんと髪を乾かして、頭皮や髪をいたわり、整える生活習慣が育毛剤の利用よりも重要です。

3)男性型脱毛症(AGA)の原因と育毛剤の選び方

男性型脱毛症(AGA)の原因は、生活習慣の乱れ、頭皮の不衛生、血行不良、遺伝的な要素、ストレス、男性ホルモンの影響など複数が複合的に絡み合っています。

生活習慣を改善することである程度の改善は見込めますが、それらだけで自然に改善することはなく少しずつ進行していくことが多いのが現実です。そのため、抜け毛が増えたり、髪のボリュームが落ちたと感じた場合には、できるだけ早く対策をしていきたいものです。

育毛剤には、これらの悩みに効果的に作用する成分が含まれていますが、成分により効果が異なりますし、継続して使い続けていくものなので、自分が使いやすく、続けやすいものを選ぶことも大切です。

男性ホルモン抑制で抜毛予防(フィナステリド)
男性型脱毛症(AGA)の場合には男性ホルモンが原因ですから、男性ホルモンの活性を抑える商品を選ぶことが重要です。

プロペシアなどのフィナステリドを有効成分とする医薬品は、5αリダクターゼの働きを阻害して男性ホルモンを抑えますので、脱毛予防のために多くの方が利用し80%以上の方に効果が見られています。

プロペシアは継続して使っていくことで初めて効果が出てきますので、長く使用し続けていくことが大切です。